*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまには悩む
今日は僕の誕生日でしたが、あまりいい気分ではないのです。
(※「おめでとう」みたいなことを言って欲しいのではないので、そういうコメはご遠慮ください。)

本来なら、がん患者がひとつ年を重ねることは、この上ない幸せなことです。
なのに・・・
なぜだか、虚しい。
いつもは、「これを書こう!」と決めてからせっせと記事を綴るんですが、
今日は「何を書こうか」どころじゃなく、「書こうかどうしようか」を考えながら書いてます。

自分自身不思議な気持ちでいます。


今日はそれどころではないのです、本当は。
先週半ばから風邪を引きかけてまして・・・。普段は原因不明の夜間微熱だけなのですが、今日は朝から微熱でした。なんだかボーッとしてます。
特に今クール(7月13日~)は白血球の数値が低く、特にナーバスな心境での抗がん剤治療でしたから、その影響でしょうか。

以前にがん専門看護師から、「がん患者にとっては、身体の諸症状のUpDownとココロのUpDownは比例する」と言われてるので、そういうことだろうとも思います。

でも、風邪といってもそれほどの症状ではないのです。大人しくしていれば、症状悪化も入院もありえないレベルでしょう。客観的にはそう診てます。一応、仕事も休むことにしましたしね。

でも、僕としては、なんだかこの中途半端(?)な状況が気に入らない(?)ような。

・・・なんか、『生かされてる』みたいな感じがして、その虚しさが気持ちを支配しているような。
そんな心境です。


今年の4月に仕事に復帰してから、自分の存在意義みたいなものを考えることがたまにありました。
正直言って、仕事をしていると余計なことは考えなくて済むし、成果が出て喜ばれるとうれしいし。

・・・任せてもらえる仕事が続くうちは、治療経過にもいい影響が出て、もうしばらく生きられるかなぁ・・・

みたいに考えてました。非常に自己チューな、偉そうな考えだなと思いますが・・・。
でも、そう思えたことで、日々が能動的に進むような感覚があり、前向き思考ができたわけです。

それに比べてここ数日は、風邪一つで一喜一憂しなければならない、そんな受動的な生活に虚しさを感じます。

『生かされてる』とは、すべてここに尽きるような。何のために、今日ひとつ年をとったのだろう?
30代半ばと言えば、いろんな人生設計を描くだけでなく、しっかり実行している年代でしょう?
家を建てたり、子育てをしたり・・・。
そういうのが描けない人生というもの、ホントに色気がなさ過ぎます。BLOG友の皆さんは、きっと同じ経験があるでしょう。
みんな、どんなことを考えて生活してるのでしょう。初めてそんなことを思いついたような気がします。



いつかの記事に書いたかもしれませんが・・・
最近の診察では、必ず「なぜこんなにいい状態が続くのかね」と主治医から聞かれます。
別に腹が立つようなことでもないし、延命できていることはうれしいことだし、「センセイ嬉しそうだなぁ」と思いながら、
自分なりに考えるその根拠もあるけど、それは主治医には伝えずに、「エヘヘ」と笑って切り替えしてましたが・・・。
実際に病院内でも、僕のことが取り上げられていて、(カンファレンスか何かで)他の医師からも質問を受けるそうです。

僕自身は、がん治療なんて未知の発展途上の医学分野だから、こういう ”たまたま” の症例もあるでしょう、くらいの認識です。

言うならば、「ミラクル」ではなく「イレギュラー」です。

・・・そう思ってはいますが、それでもやっぱり自分の思考の範疇を超えたところのこの状況は、どうしても ”落ち着きません” 。
たぶん、 ”がんの経過” も ”風邪の引きかけ” も、ここにつながってくるんですね。最終的に。

おそらく、健康な人からすれば贅沢な悩みなのでしょうね。他人にわかってもらいたくはないですけど・・・。
今回はコメントいただいても、返事できるかな? ・・・ていうか、コメントしようがないですよね。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

テーマ : 闘病記
ジャンル : ブログ

Secret
(非公開コメント受付中)

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
思いのまま
私は、患者本人ではないので、「主人の心中を汲みとることができない」と感じ、悩み、
がん患者本人である方のブログを読み、今も、ある種”探って”います主人の気持ちを。

私は、37歳の時に妊娠し流産、38歳の時から不妊治療を開始、40歳になる年に主人が発病し、
私の人生から、「子供」と言うワードは消えちゃいました。

「主人と私」二人きりの家庭なので、いつも正面勝負??のような形で、今、思い返すと「息の詰まる関係」で、治療に対する考え方も衝突することも、しばしばあり、れんたろうくんのブログで支えられる事や救われる事も多く、私の弟のように(勝手にスミマセン)見つめてきました。
だからと言って重荷にならないで下さい^^ありのままで、お願いします。

主人が「やりたいことがやれてこそ、『生きている意味があり、生きている命』なのだと言われ、ハッとして、○○はがんに良いそうだから・・・的な押し付けは止めることにし、主人の病と、姑の病に向き合うことにしています。結構、むずがしい・・・んだけど、そこそこやっています。

23日は主人の誕生日でした。
私は主人の食べ残す食事が嬉しくて、愛おしくて、私一人だと、余りものになるでしょ。
この「残り物」の響きがいいんだぁな~。たまらなく嬉しいのです。 
私の思いのまま書いてみました^^
虚しいけど現実的で
私も違う意味で虚しい気持ちになっていましたが、そんな時でも超現実的で「雨が止んだからハローワークに行こう!」となり、その場に行くと今度は「これよさそうな仕事だから紹介状だしてもらおう!」となりました。
すると今度は時間が無いから履歴書明日手渡ししなきゃ・・・・何て事になり、虚しい思いもどこへやら今しなきゃいけない事に追われました。
人生っておもしろい。生きるって予測不能な時間の流れ方をするものですね。
お返事は要りませんよ。(*^^)v
お暇ならずっと眺めていて下さい
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ナースれんたろう

Author:ナースれんたろう
みなさんはじめまして。
大学卒業後サラリーマンをしていましたが心機一転、
病院で働きながら看護学校に通って正看護師の資格を取りました。
それから数年後、仕事も順調に行っていた矢先の2008年2月末…
僕の人生にとって、とても大きな出来事が起こったのです。

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンクバナー
検索フォーム
cookpad Lite
料理レシピサイト「クックパッド」のレシピを検索してくれますよ。
developed by 遊ぶブログ
MicroAd
↓気になる情報をクリック!!
最新コメント
あなたの声が欲しいのです
↓皆さんのお声を聞かせてください。
プライバシーはお守りします。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。