*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人と交わることの大切さ ~アロマの効用(?)で目覚めたこと~
今日も午前中仕事に行ってきたのですが、
少し前から記事の中などにチョコッと書き記しているように、ここ最近はなんとなーく気分が重い・・・
復帰当初より、3時間あまりの勤務時間の中で毎日少しは誰かと話をしよう、と決めていたのですが、
先週から今週にかけては、(出勤時と業務終了時の挨拶以外は)ナースステーションには寄らずじまい・・・
よく考えると、病棟の一番奥につくってもらった仕事部屋にこもりっきりでした。

元々、周囲のスタッフの多くは僕に気を使っているのか、あまり積極的には関わってきません。一緒に仕事しているわけではないので、それも当然です。
また、今僕がやっている仕事は今まで当院にはなかった分野のことですし、業務管理に属することなので、一般の従業員には理解しにくい。だから余計に僕の存在が不可解なのだろう、と思います。

もちろん、それ自体は予想していましたし、だからこそこちらから歩み寄らねば、と考えてはいたものの・・・
身体や気持ちが弱ってくると、自分に自信がなくなってきます。そうなると余計に人との関わりに二の足を踏んでしまうものですね。


しかし今朝、病棟にある手洗い場で手を洗っていると、顔なじみの看護師が声を掛けてくれました。
ちょうど朝のおむつ交換が終わったばかりで、バケツ一杯に貯まったオムツ類を、汚物処理室に運んでいたようです。
「暖かくなってきましたね」程度のわずかな会話でした。しかも、バケツからは芳しい香りが漂う中で・・・
でも、とても心地よく、温もりを感じることのできたひと時でした。
特にあの芳しさが、以前の仕事を思い出させてくれたようです。懐かしさというか、自分もこの病院の一員なんだ、という意識を思い出させてくれました。

さて、来週月曜日は外来受診日です。放射線治療について、主治医に相談するつもりです。
今はまだ、先のことが全く見えない状態です。どうなることやら。
しばらくは安静にしておいたほうがよいでしょうから、仕事に行くのも控えることになるでしょう。

今後のことを考えると、治療を受ける時期の自宅療養と出勤の兼ね合いをどうすべきかを、しっかり考える機会にしたい。
そうでないと、治療の度にずっと休みっぱなしでは所得も下がりっぱなしになるでしょうし、逆に無理をすれば続けられなくなる・・・。体調を崩せば、それこそ師長の責任問題です。同時に僕も信用を失うことになります。

いずれにしても、職場での存在や立ち位置が不安定になってくるでしょうから。


・・・あれこれうだうだと書きましたが、これでもここ最近の中では、一番前向きに考えをまとめられたほうです。
昨日までは、脳の焦点がぼやけたような状態の時がほとんどでした。何をやるにも集中できない日々でした。そのくせ、なにで悩んでいるのかさえハッキリしないままでしたから。

やはり、あの芳しい香りのおかげでしょうか?まるでアロマテラピーです。これも立派な精神療法ですかね。
・・・違いますね。声を掛けてくれた同僚のおかげですね。

(※一般に、『おむつ交換』と聞くと、なんとなーく辛くて敬遠したくなる大変な仕事だ、というイメージを持たれがちですが、看護師の中にはそれほど悲惨には思っていない人も少なくないように感じます。僕自身はそうでした。”汚物”という認識ですが、取り扱う側にとって(感染の問題で)最も怖いのは、むしろ血液です。それに比べれば便尿は、それほど深刻ではありません。もちろん、患者さんのプライバシーの問題もあるのでデリケートな業務ですが、そこをきちんと考慮してもなお、患者‐看護者双方にとって結構愉快なエピソードも多いものなのです。ですから今日はいろいろなことを思い出せて、ある意味いい刺激になったように思えます。)

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

テーマ : 闘病記
ジャンル : ブログ

Secret
(非公開コメント受付中)

Re: タイトルなし
barukoさん、再コメントありがとうございます。これからも、どうぞよろしくお願いします。

介護の仕事って、大変ですけど楽しいこともたくさんありますね。
僕が当時を思い出すのは、たいてい楽しかったことばかりです。

>生きている間は、楽しむ事が一番!

そのとおりですね。笑うと身体の免疫能がUPするらしいです。作り笑いでも良いそうですよ。
免疫が上がれば、がん細胞の抑制にもいい方向で影響されるそうです。

僕は深く考えやすいほうですが、もう少し笑うように努めてみます。
またコメントいただけるとうれしいです。よろしくお願いします。
こんにちは
今は主人の介護をしていますが、以前は保健施設で少し働いていました頃を思い出して・・・ニタっとしていました

オムツ交換時に、交わす会話が結構楽しかった事♪
忙しくて、毎日を時間と戦っていたような日々でしたが、楽しかった♪

現場はいいです!
自分からいろいろな話をして、いろいろな繋がりを得て、楽しい事、そうでない事も含めて、現場で味わえる事は貴重だと思います
仕事仲間とも、患者さんとも、そして家族とも、いっぱい話しをしたいですね

生きている間は、楽しむ事が一番!
悲しい事も楽しめるといいんだけど・・・
ではまた
いつも拝見しています
weller than well♪
Re: はじめまして
あんぱん父さん、はじめまして。初コメントいただき、ありがとうございます。
また、これまでも読んでいただいてた、とのこと。重ねて、ありがとうございます。

病気になると自分も周囲も違って見えてきますが、今まで気付かなかったような感謝の気持ちを感じることができるようになりますね。
それにはやはり、人との交わりを恐れないことなのだろう、と思います。
ご夫婦ともにBLOGをされているんですね。少しだけですが、閲覧させていただきました。
奥様の体調はいかがでしょうか?治療が功を奏しますように。
これからも覗かせていただきます。今後ともよろしくお願いします。
はじめまして
いつも読ませて頂いています。
病気になって、周りの方々の一面、はっとするほど嬉しい時ってありますね・・・感謝 !
家族にとって患者と先生看護師さんの間にれんたろうさんのような方がいることは心強いです。
これからも応援しています。
Re: 大切な事
ガーネットさん、いつもコメントありがとうございます。

日々何かしらの影響で、少し落ち込んだり元気になったりと様々ですが、前向きなコメントなので安心しました。
今は心臓のことも少し不安かもしれませんが、検査後は先々のことも見えてくるでしょうから、具体的にいろんなことが出来るようになるでしょう?今からが勝負ですよね。

そう考えると、元同僚の方からのメールはグッドタイミングでしたね。
いい流れが来ている、と思いたいです。
大切な事
先ほど元同僚からメールが入って、私とは15歳程も違うのですがやはり再就職が難しいとの事が書いてありました。
でも、「やる気になれば何でもできる!!」と言う、以前私達の間で何度も交わした言葉があり、「そうだ!」と改めて心に刻みました。
あの頃のポジティブシンキングを忘れていました。
人との交わり大切ですね。

父が亡くなった事もあり、皆遠慮してたみたいでメールもなかったのですが、私も自分からというタイプでもないので、数ヶ月疎遠になってました。
相手からの気遣いを受けて、知らず知らずに籠っていた私の心も、開いていけそうです。
れんたろうさん始め皆さんからのコメントも、人との交わりの大きな位置を占めていると感じた昨日、今日でした。(^-^)

これからもよろしくお願い致します。
私も来週から心臓の検査に向けて動き出しまーす。(^o^)/
お暇ならずっと眺めていて下さい
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ナースれんたろう

Author:ナースれんたろう
みなさんはじめまして。
大学卒業後サラリーマンをしていましたが心機一転、
病院で働きながら看護学校に通って正看護師の資格を取りました。
それから数年後、仕事も順調に行っていた矢先の2008年2月末…
僕の人生にとって、とても大きな出来事が起こったのです。

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンクバナー
検索フォーム
cookpad Lite
料理レシピサイト「クックパッド」のレシピを検索してくれますよ。
developed by 遊ぶブログ
MicroAd
↓気になる情報をクリック!!
最新コメント
あなたの声が欲しいのです
↓皆さんのお声を聞かせてください。
プライバシーはお守りします。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。