*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年1~2月 放射線治療の様子について②
前回の続きです。
放射線終了後から入院までのことについて、綴りたいと思います。
2月10日・・・放射線治療終了後1日目(痛みスケール 2)
いつものケモ翌日と同様、倦怠感強い。
腸蠕動運動回復傾向。排便まずまずあり。しかし、ダンピング症状は、これまでと比べものにならないほど頻発。

2月11日・・・放射線治療終了後2日目(痛みスケール 1~2)
腸炎症状続く。下腹部のもたれ感や便塊通過時の大腸の痛みが強い。しかし、排便後はすぐに症状治まる。下痢なし。
食事は、味の薄いものしか受け付けない。ダンピング症状は依然として強く出る。
ふらつき強い。毎日の放射線治療の影響が尾を引いた体力低下か?ケモの影響による倦怠感か?わからない。

2月12日・・・放射線治療終了後3日目(痛みスケール 0)
下剤内服にて起床時に排便はみられるが、夜になると腸蠕動運動が弱まり、腹部全体に突っ張り感と痛みが出る。やはり腹膜刺激症状と思われる。
腸炎症状自体は軽減しつつある。
この頃より、脊椎患部(照射部位)の痛みは出なくなっている。

2月13日・・・放射線治療終了後4日目
腸炎症状はほぼ消失。腸蠕動運動良好だが、いまひとつ残便感あり。
食欲増進傾向にある。薄味の食事内容とする。ダンピング症状も軽くなりつつある。
ケモの影響によるものと思われる倦怠感は軽減している。いつものケモ時と同じような回復ぶり。

2月14日・・・放射線治療終了後5日目
喉のただれが出現。食事など固形物の嚥下がとても辛い。

2月16日・・・放射線治療終了後7日目
嚥下痛が自制できず、経口摂取が困難なため、急遽外来受診する。TS-1の影響と考えられる、と診断される。TS-1内服一時中止となる。
脱水予防のため、輸液1本点滴してもらう。3日後にアミノ酸製剤の点滴実施予約。
夜中より37℃台の発熱始まる。倦怠感強い。

2月17日・・・放射線治療終了後8日目
37℃台の発熱あり。これが1日中続く。倦怠感あり。嚥下痛持続しており自制できず、食欲全くなし。プロテイン飲料とポカリでカロリーと水分をなんとか摂取する。
骨髄抑制に伴う貧血と思われるフラツキや立ちくらみは治まらない。
夜中より38℃台にUP。

2月18日・・・放射線治療終了後9日目
38度台の発熱持続。ボルタレン座薬にて解熱を試みるが、全く効果なし。喉の痛みも強い。食事は全く摂れない。水分のみ摂取する。
腸炎の症状は出現せず。しかし、この日は排便がみられず、腸蠕動弱い。温タオルを下腹部に当てて蠕動運動促進を試みるが、すぐにまた弱まる。
(約半年前よりずっと)定期薬として、ロキソニン錠を1日3錠内服していても発熱しているので、炎症が強いものと考えられるが、どの部位の炎症なのかわからない。

2月19日・・・放射線治療終了後10日目
朝一番で外来へ。一応この日は点滴してもらうようになっていたので診察を受け、一連の症状を説明。その結果入院となる。
この頃が、ケモの影響による骨髄抑制が最も強まる時期で、採血の結果、CRP(3+) 好中球減少がみとめられる。感染症に伴う急性憎悪と診断される。
(※しかし結局、発熱以外に特徴的な他覚的臨床所見がないため、感染部位の特定はできなかった。)

以後、腸炎症状はみられなくなり、腸蠕動運動も回復する。食道炎の症状もなし。発熱は抗生剤の点滴により、入院2~3日目には軽快する。
また、電解質輸液投与により脱水が補正されて倦怠感がなくなり、食欲も増進。喉の痛みも入院3日目に消失する。
これらの回復時期は骨髄抑制の回復時期とすべて重なることから、抗がん剤治療と放射線照射に伴うこれまでの一連の副作用は、この時期をもってすべて消失した、と考えられる。

2月27日・・・退院となる。
ここまでの様子は、『しばらくブログをお休みさせてもらってました(-_-;)』にも綴ってあります。

3月30日・・・(忘れた頃に)放射線照射部の皮膚炎発生
これについては、『かい~の~ (#^.^#) ~放射線治療後の後遺症のお話~』をご参照ください。


※放射線治療単体であれば、これほどまでの症状は発生しにくいと思われます。また、食道炎や腸炎は照射部位と重なったために発生したものです。すべての方におこるものではありません。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

テーマ : 闘病記
ジャンル : ブログ

Secret
(非公開コメント受付中)

Re: 痛みスケール0に
ガーネットさん、いつもコメントありがとうございます。

放射線治療を受けた患者の7割くらいに、ある程度以上の疼痛緩和効果がみられるそうです。
しかし、根治を目指すための治療法ではないので、患者の側も(万能ではないことを)割り切って理解せねばなりませんね。
一度当てた部位に痛みが再発したら、もうお手上げ・・・にもなりかねませんから。
(※現在はストロンチウム注の治療法もありますが、ケモとの兼ね合いなど問題はありますし・・・)

どちらにしても、転移を起こすほどの病期になったケースは、いろいろと困難なのです。
痛みスケール0に
放射線恐るべし、痛みはなくなるんですね。
いったん効果出てきたと思ったらもとに戻ったりして、最終的には0に
なったんですよね。
抗がん剤と併用はかなりきつかったんだろうなぁと想像します。
詳細なレポートありがとうございます。(^.^)
お暇ならずっと眺めていて下さい
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ナースれんたろう

Author:ナースれんたろう
みなさんはじめまして。
大学卒業後サラリーマンをしていましたが心機一転、
病院で働きながら看護学校に通って正看護師の資格を取りました。
それから数年後、仕事も順調に行っていた矢先の2008年2月末…
僕の人生にとって、とても大きな出来事が起こったのです。

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンクバナー
検索フォーム
cookpad Lite
料理レシピサイト「クックパッド」のレシピを検索してくれますよ。
developed by 遊ぶブログ
MicroAd
↓気になる情報をクリック!!
最新コメント
あなたの声が欲しいのです
↓皆さんのお声を聞かせてください。
プライバシーはお守りします。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。