*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒蛇のイタズラ ~胃カメラのお話~
最近入院してたせいで、
発症時から時系列的に書き綴ってきたこのブログも、段々グチャグチャになってきたような・・・

読んでいただいてる皆さんを混乱させていないだろうか?
僕本人だけが、徐々に訳わからなくなってきてますが・・・

今回は僕が唯一嫌いな検査のことをお話します。
題名にもあるように、胃カメラのお話です。

最近では、直径1㎝未満で鼻から挿入して、苦痛なく実施できるタイプのスコープもあるのですが、
それだとやや画像が不鮮明になるそうで・・・

という理由で、僕が通っているがん拠点病院では、
直径約1㎝強の口から挿入するタイプのものを使用しているのです。

僕はがん発症から手術前までに3回と、最近入院した際に1回、胃カメラの検査を受けました。

術前の3回は当時の僕の副主治医が施行したのですが、
僕の心に深~い傷をつけるほどの、散々な経験となってしまいました。

カメラ挿入時には、
まずお尻に筋肉注射(消化管の動きを抑制する薬)、そして喉にキシロカインスプレーで局所麻酔をします。
しかし、それでもな~んにも感じない、なんてわけがない。
まして僕など、歯ブラシで奥歯を磨いただけで、『オエー』となる ヤサ男ですよ・・・

しかも、1㎝強の物体というのは、思った以上に太い!
(※ちなみに食道の内径は2㎝弱です)
多少なりとも、肺へつながる気管を圧迫してしまうのでしょうか?
(気管と食道は隣り合わせに位置するので)
すぐに息苦しくなってくるのです。

よって、カメラが喉を通過してから後は、意識的に深呼吸をし続けることが重要です。
ゆっくり落ち着いて深呼吸をしていれば、全身の緊張も解けるし呼吸も楽になります。
今後受ける予定のある方は、これを忘れないようにしてください。

あとは、カメラが胃内に挿入されたら、医師はガスを注入して胃を膨らませます。
こうしないと胃の中を見ることができないのです。
しかし、胃が膨張すると横隔膜が下がらなくなるので、またまた呼吸苦が!!
もう一度落ち着いて深呼吸です。頑張りましょう。

しかし、僕はたまらず『ゲップ』をしてしまうのです。
しかし、医師は無言のまま、負けずにガスを再注入!!!

・・・ウーン、やっぱり病院というところは、患者にとってはアウェイだぜ!!!・・・

どんなに抵抗しても、かなわないのです。

しかも、生検の際には、胃の粘膜をチョキンと切っていくもんですから、
むやみにゲップなどしようものなら、誤って深くえぐり取られる危険性も・・・
僕も一回だけ生検の際の痛み刺激でゲップをしてしまい、危なかったことがあります。

でも、僕の副主治医はとても優しい先生だったので、
僕に対して一生懸命謝ってくれてました。

・・・悪いのは僕なのに...カメラって難しいんだね、しょうがないよね、先生一生懸命してくれてるしね・・・


でも、この間の入院時の胃カメラ・・・
初めての先生で若い医師だったけど、
何の苦痛もなく、あっという間に終了!!!

・・・チッ、なんやねん! 楽勝やないかい!!どないやっちゅうねん!!! <(`^´)>・・・

何はともあれ、僕のトラウマはきれいサッパリ払拭されたのでした(^_^)
めでたし めでたし アップロードファイル

↓ポチっと一押し、お願いします
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

テーマ : 闘病記
ジャンル : ブログ

Secret
(非公開コメント受付中)

Re:こんちには
(非公開コメントに対してコメントしてます)
いつもコメントいただき、ありがとうございます。
注射に対して苦痛を感じる方はとても多いように感じます。
静脈注射については、医師の指示のもと看護師によって実施されてますが、これも検査などと同じく医療行為です。責任ある業務です。
看護師の技術にもそれぞれの差が大きく、僕自身も患者さんに対してご迷惑をおかけした経験があります。
看護師側の考え方としては、注射が上手くいかない場合、自分ひとりが執拗に試み続けるのではどんどん失敗を重ねるだけである、という考え方が一般的です。
2~3回でダメなら他のスタッフに交代を要請するのが、ほぼすべての医療施設のセオリーとなっているはずです。
しかし、そこのところをきちんと説明しないままその場を去られると、患者さんの側にすればたまったもんじゃないですよね。
僕自身両方の立場の経験から言えば、
『看護師こそが患者に対して「説明と同意」を必ず行わなければならない。一つ一つの業務ごとに、それを繰り返し続けなければならない。』
と思うのです。
患者さんと24時間密に関わる職種である以上、医師などよりもはるかにインフォームド・コンセントが求められると思います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re:未体験ゾーン
ガーネットさん、コメントありがとうございます。
僕もバリウム検査したことありますが、あの腹を押してくる物体は一体何なんでしょうか?
僕は何かのプレイかと思いました。なんか大人がおもちゃでイタズラしてくるような、そんな”グイグイ”でしたv-40
未体験ゾーン
私は大腸、胃カメラは未体験です。
鼻からだとかなり楽だと聞いてたので、もしやるとしたらそっちと思ってたのですが、画像が悪いんですか。
カプセルカメラで翌日回収なんてのも、そうなのかなぁ?

バリウム検査はいつもしてるけど、今まで一度もひっかかってない。
人間ドックで受けると、撮影の途中で胃の辺りをグローブの様な物でグイグイ押されます。(機械から伸びてくるの)
あれでゲップ我慢するのは、かなり大変です。(@_@。
お暇ならずっと眺めていて下さい
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ナースれんたろう

Author:ナースれんたろう
みなさんはじめまして。
大学卒業後サラリーマンをしていましたが心機一転、
病院で働きながら看護学校に通って正看護師の資格を取りました。
それから数年後、仕事も順調に行っていた矢先の2008年2月末…
僕の人生にとって、とても大きな出来事が起こったのです。

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンクバナー
検索フォーム
cookpad Lite
料理レシピサイト「クックパッド」のレシピを検索してくれますよ。
developed by 遊ぶブログ
MicroAd
↓気になる情報をクリック!!
最新コメント
あなたの声が欲しいのです
↓皆さんのお声を聞かせてください。
プライバシーはお守りします。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。