*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
救急処置室(1)
いよいよ救急車に乗り込み、県立病院へ。

ゆれる!とにかくゆれる!

寝台に横になった状態だったため、頭部に車の振動がダイレクトに伝わったせいでしょう。

約20分間・・・

とても長く感じましたが、
気がつくと3次救急処置室にいました。

問診・採血・・・

医師も看護師もとてもクールに立ち振る舞っていましたが、
なぜだか僕にとっては安心感がありました。

やはり前夜の孤独と不安は、僕にとっては大きかったのでしょう。

CEAだけでいいですか?」「造影CTを・・・」

医師同士のやりとりを一生懸命探り、自分の状況を把握しようと必死でした。

しかし、情報を得るにつれて段々と混乱し始める自分がいました。

そんな時に!

激しい尿意に襲われたのです。
搬送前に投与開始していた点滴、約1時間が経過しており、尿が膀胱内に溜まるのに十分な時間でした。

そうです。血管内に直に投与された水分というのは、尿になるのも早いのです。

パニクリました。とてもパニクリました。

そしてうかつにも、こう叫んでたのです!

・・・看護師さん!尿の管を入れてください!・・・

テーマ : 闘病記
ジャンル : ブログ

Secret
(非公開コメント受付中)

読ませていただきます。また投稿してください。また、チームオンコロジーのサイトのリンクを友達にしていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。
上野先生へ
無断でリンク張らせていただきました。事後報告もなしで申し訳ありません。
チームオンコロジーのサイトでは、一生懸命真面目に考えたことを投稿させていただきましたが、自分のブログ内ではいろんな路線で(真面目さやユーモアを混在させて)書いています。
もしよろしければ、今後も覗いていただければうれしいです。
チームオンコロジー
明けましておめでとうございます。リンクしていただきありがとうございます。
カテーテル
大変な場面の描写なんだけど、笑ってしまう私はとっても不謹慎。
でも、おかしい。v-411
やっぱりれんたろうさん看護師ですね~。v-221
お暇ならずっと眺めていて下さい
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ナースれんたろう

Author:ナースれんたろう
みなさんはじめまして。
大学卒業後サラリーマンをしていましたが心機一転、
病院で働きながら看護学校に通って正看護師の資格を取りました。
それから数年後、仕事も順調に行っていた矢先の2008年2月末…
僕の人生にとって、とても大きな出来事が起こったのです。

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンクバナー
検索フォーム
cookpad Lite
料理レシピサイト「クックパッド」のレシピを検索してくれますよ。
developed by 遊ぶブログ
MicroAd
↓気になる情報をクリック!!
最新コメント
あなたの声が欲しいのです
↓皆さんのお声を聞かせてください。
プライバシーはお守りします。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。