*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2度目の放射線治療に向けて ④ ~2009/6/1 骨シンチ検査結果の説明~
昨日6月1日は、検査結果のムンテラがありました。
その前夜は、いつものように午前4時頃から目が覚めて、しょうがなく撮りためたTV番組を観て朝を迎えました。
寝つきは良かったのですが、やはり身体は正直なものですね。

病院の受付機に診察券を入れて受付を済ませて、採血して・・・。
いつもより5分くらい早く着いただけなのに、採血の順番がかなり早く廻ってきました。
そのせいで、外科外来の待ち合わせ室に着いたのが、ものすごく早くなりました。
出勤してくる顔なじみの看護師たちに挨拶しながらも、あまりの退屈さのせいか緊張も解けきっていました。

順番が来て診察室に入り、週末の様子を報告しました。
『臀部の痛みは相変わらずみられるが、強く出たり全く感じなくなったりというように、ムラがあること。』
今回報告したかったのは、なによりこの一点のみでした。

5月21日(木)の悪寒と発熱。この日を境にして、臀部の痛みはこのようなムラが出始めたからです。
それまでは、一定の強さの痛みが持続してみられていました。骨の痛みですから、本来それが普通のはずです。
なのに今の状況と言えば、まるで違います。週末ずっと考えていたのは、この『変な状況』です。

僕は主治医に、自分なりの結論を伝えました。

・・・先生、この痛みはチョット変だと思います。なんか(がんの痛みとは)違うんじゃないか?と。・・・

主治医が珍しく僕のほうをじっと見つめて、こう言いました。

「それがですね・・・。どうにもすごいことになってまして・・・。」

PCのモニタに骨シンチの画像を出しました。
病変に反応する集積が・・・ないのです。

脊椎は、放射線を照射した部位は当然なし。その周囲にも転移なし。
肋骨背側には、以前から一点反応があったのですが、よーく観ると『あー、あるね』というくらい。
骨盤の問題の部位は、2月末のPET-CTではしっかりみられていた部位なのに、これもまたよーく観ると『あー、薄っすらあるね』というくらい。

「不思議ですね。一体何が良かったんだろう?」つぶやく主治医に僕は、
・・・薬。。。じゃないですか?やっぱり・・・

センセイのおかげだよ、なんて気の利いたことでも言って差し上げればよかったのか?いや、違う。
そんなこと言っても、何にもならない。とにかく不思議です。
たった3ヶ月間で反応がほぼすべて消えることなど、常識的には考えにくいことなのです。

『抗がん剤の効果に関する4つの分類』として区分する考え方があるのですが、胃癌はC分類です。
まして骨転移は、予後があまり期待できないことが言われていますので、今回の結果にはどうしても 「?」 と言ってしまうのです。
(※僕も主治医も決してネガティブなわけでもなければ、やる気がないわけでもありません。そこは誤解のないようにお願いします。とにかく常に現実をきちんと捉えて、根拠のない戯言を決して言わない。そんな主治医のことを、僕は信頼しています。)

でも、素直に安心しました。
昨年の10月にも同じように何箇所もの骨が痛んで、急遽骨シンチを撮ったことがあります。
その時も特に悪化はしてなくて、「大丈夫」と笑顔で諌められたのですが、
あの頃はホントに頭が混乱していて、主治医や看護師のその笑顔が逆に重荷になってました。

でも、今回は違いました。それだけ自分の病気ともしっかり向き合えるようになった証拠だと思います。


しかし・・・今朝も強い腰痛で目覚めました。また、いつもながら座ると痛みが出ます。でも、しばらくすると、スッと消えます。
何かしら原因はあるのでしょう。
しかし、それを検査などで突き詰めるつもりは今のところありません。

痛みを増幅させる大きな原因の一つは、脳の影響だとも言われています。
つまり、一度痛みを知覚してそれが気になり始めたら、痛みのイメージが脳にこびりついて、余計に痛みの強さを増幅させてしまうのです。
好きな異性に一途になって周りが見えなくなり、『もうあなたしか・・・』状態になるのと、基本的には同じことです。

だから、もうしばらくはこの痛みとも付き合ってみようと思います。あまり『病気なんだ、癌なんだ』と思わずに。

でも、今回の骨シンチの結果は、あくまで先週金曜日の僕の状態。
これから先はどうなるのか? それは誰にもわかりません。
だから楽観視はしません。素直じゃないですね・・・ボク。

がんと言う病気はまさに生き物そのものです。刻一刻と変化し続けています。まだそのすべてが解明されたわけではありませんから。

僕が今受けている治療のメニューは、ここ数年でエビデンスを得たばかりのものだそうです。
同じ治療を主治医から受けている患者さんはたくさんいるそうですが、最も長くがんばっていらっしゃる方でも、まだ2年半くらいだそうです。

僕はやっと術後1年が来ようとしています。まだまだこれからですね。


PS.そういえば、BLOG画面の右下のメールフォーム『あなたの声が欲しいのです』より、励ましのメールをいただきました。
5月30日のことです。
お名前は、念のために公開しないでおきます。ご本人ならお解かりでしょうから。

改めまして、ありがとうございました。読ませてもらって、本当にうれしかったです。
僕なんかはご承知のとおり、ダラダラ ダラダラ文章を書いてますが、
数行の言葉の中に、思いが一杯込められてました。
(※これを参考にしてBLOGの方向性考え直そうか?いや、ムリだな。やっぱりダラダラ書きそうです、ボクは。)

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

テーマ : 闘病記
ジャンル : ブログ

Secret
(非公開コメント受付中)

Re: 出遅れちゃった。
ばんまつりさん、いつもコメントありがとうございます。
ご心配をおかけしました。

検査しても痛みの原因が判明するとは限りませんね。
そうなると、やはり患者本人にとっては、不安が消えることはないのですよね。
それに対してご家族はどういう態度をとればよいか、悩まれる方も多いかと思います。
平気を装うというのも、もしかしたら一番いい方法かもしれませんね。逆にいちいち一緒になって不安になっていたら、それこそ悪循環かも知れませんから。
でも、「大変だったね」といたわりの言葉を付け加えてあげるところが、優しいんだなぁと感じました。
この一言に救われる部分もあるのではないかと思いますよ。

それと、やはり神経因性疼痛にはブロックが一番でしょうかね。オピオイドの効果が薄いことは、僕も経験上わかってはいるのですが・・・。
しかし注射となると、それはそれで少々わずらわしいですね。できれば経口薬か貼付薬ででバチッと効くものがあればいいのに・・・。

ご主人にはくれぐれもお大事に、とお伝えください。今後ともよろしくお願いします。
出遅れちゃった。
一先ず「ほっと一安心」ですね。 
UP記事は直ぐに目を通して拳を握って、「よお~し!」と。
主人の場合は、結果が悪くても、良くても、いつも「不安」が何処かにあるようです。
心の不安がよく夢に反映されてしまう様で、「朝方、○○転移の夢を見た」と言って起きてくる事もありますが、私は、「ふ~ん、大丈夫だよ、大変だったね、じゃ寝られなかったの?」と平気を装っています。

痛みは何処からきているのでしょうかね、主人は肛門痛がありますPET-CT、CT、直腸診してもらいました、シュニッツラー転移は否定されましたが、痛むのです、内痔核はあるのですけど、
痛みが人を不安にさせてしまいますよね、ブロック(仙骨)でもどうかな?主治医に相談してみようと考えています。(主人の場合は、神経性の痛みでどうも、オピオイドは効かないようです)
Re: 安心しました
ゆんこさん、いつもコメントありがとうございます。
ご心配をおかけしました。
LEVINちゃんもお元気そうですね。UPされた写真でよく癒されてます。

しかし、こんな病気になると、何かにつけて病気のせいにしたりして、どうも弱気になるものです。
もう少し落ち着いて対応していこうと思う、良いきっかけになりました。

最近目立ったトピックスがないので記事をUPできていませんが、また読んでいただけるような記事を書きたいと思います。
これからもよろしくお願いします。
安心しました
こんにちは。
ちょっとご無沙汰していたので、
まとめて読ませていただきました。
この結果のところの記事を読むのが
怖くて、ドキドキしながら開けた
ところ、とりあえず安心しました。

れんたろうさんはお仕事がお仕事だけに、
私たちが見逃すようなこと、
逆に私たちなら大騒ぎするようなことに
冷静に対応されていて、だから文章も
とてもわかりやすいです。

「もうしばらくはこの痛みとも付き合って
みようと思います。
あまり『病気なんだ、癌なんだ』と
思わずに。」

それが一番大切なことですね。
でもまだ痛みはあるんですよね。
どうぞお大事に。
Re: 何だったのでしょう ?
あんぱん父さん、いつもコメントいただきありがとうございます。

不思議なお話ですね。このまま消えた状態をずっと保ってくれれば良いですね。
こんにちは
書かれている事ものすごくわかります。私は今は幸せに暮らしていますが、以前自殺を考えるような毎日だったんですね。(私生活面で)
その時の感情と似ているんです。
まさにそんな感じで、
絶対避けられない、
どうしようが逃げられない
そんな中で出てくる自分なりの
生き方や考え方。
それが良い事か悪いことかわからないけど
今の自分が出した生き方・・・
一生懸命だった・・・。
れんたろうさんの今と
一緒にしては申し訳ないですが
気持ちがわかります。
闘病に良いも悪いもない。
一生懸命な自分が一番なんです。
何だったのでしょう ?
1月三度目の手術の時(肝臓の再発)最後のPET検査で3㎝ほどの遠隔転移後2~3個の小さいものが見つかりました。珍しいケースで生存率が出ないとの事・・・手術中、先生に呼ばれ、無いんだよ~、無いものは切れない、とのこと。
先日のCTでもわざと残した癌以外無いとのこと・・・なんだったんでしょうね、でも一時はドツボにはまりました。
Re: こんばんは
そうですか。ナース44さんも不安な日々を過ごしていらっしゃるんですね。
体調はいかがでしょうか?

>ナースであるがゆえに 模範の患者になろうとしたかもしれない。

いいご指摘ですね。それはよくあることだそうです。僕も ”そうならないように” と指摘を受けたことがありますよ (^^♪

でも、僕だって24時間ずっと冷静なわけではありません。
この1年数ヶ月、いろいろ考えましたし、自暴自棄にもなりました。
それでも病気は生き物ですから、待ってはくれません。朝起きて夜寝て・・・と繰り返すうちに次の治療日がやってくる。病状も、軽快したり憎悪したりと経過していく。

悩んでいても現実は目の前にやってきますから・・・。少し目を背けることはできても、どうしたってそこからは逃げられません。
そうしていくうちに、意図せずとも何らかの形で、自分なりの ”病気との向き合い方” が身につくのだと思います。
悩むのも良し。割り切るのも良し。前向きだろうがネガティブだろうが、その人なりでいいのだろうと思うのです。その人自身の問題ですからね。

でも、『後悔のない生活を』というのは、そのとおりだと思います。とても大切なことですね。
改めて考えさせられました。ありがとうございました。
Re: こんにちは
三毛猫さん、いつもコメントいただき、ありがとうございます。

ご心配をおかけしました。
痛みはおそらく近いうちに緩和されると思います。不思議ですけど。

しかし、こうなると次に痛みが出始めた時に訴えにくいですね。これじゃ、終いには ”狼少年” 状態になりますよ。
自分の身体なのに、きちんと把握できないというのも面倒な話です (^^♪。
こんばんは
こんばんは。
私もナースです。
最初れんたろうさんのブログをみて衝撃だったんです。
私も同じ立場だったとして
れんたろうさんのように
物事を客観的に見れるのだろうかと・・
こんな風に前向きに自分を奮い立たようとすることが出来るのだろうかと・・・
でも、
ナースであるがゆえに
模範の患者になろうとしたかもしれない。
きついですよね・・・・
私も6年前に前がん状態と言われた
経験があります。
今は年に一回の検診を受けています。
病気、災難、など
ホント突然にやってきますよね。
どうして?
私なの?
こうしとけば良かった・・・
なんて・・・
誰もそういったことと隣り合わせ
で生きているんだと思います。
今を大切に後悔のないように生活しなければ・・・と思います。
下手な文章ですみません。
またお邪魔します。
おやすみなさい。


こんにちは
良かったです!
なんで?なんて考えず(考えちゃうけど)結果が良かったんですから~(^^)
痛みも和らいでいくといいですね(^^ゞ
Re: 良かった!
ナース44さん、再コメントありがとうございます。
応援いただき、感謝しています。
今回のことをキセキと呼べるかどうかは、まだまだこれからの経過を見ていかねばわかりませんが、
たまにはこうしていいことがあれば、またがんばっていけるというものですね。

今後とも、よろしくお願いします。
良かった!
こんばんは。
いくつかのキセキをみてきました。
だから起こるはず・・・
祈らせてください。
生きている
生きていく
キセキは起きる
必ず
Re: とりあえず
ガーネットさん、ご心配をおかけしました。
ホント「とりあえず」ですが、僕自身も安心しました。
ただし、骨髄抑制が段々と強くなってきました。貧血症状も強まるでしょうし、風邪一つ引けない身体になりつつあります。

しかし、人の身体は良くも悪くも複雑で、不思議なものです。
これからもいろんな波を乗り越えていく時が来るでしょうけど、ひとまずは次に向けての新たなエネルギーを蓄えておこうと思います。

これからもよろしくお願いします。
とりあえず
おめでとうございます!
なんだかんだ言っても、やっぱりおめでとう!でしょう。v-22
状態が良くなっているのに痛みはあるんですね。
痛みのしくみって、複雑ですね。

骨シンチの良い結果が出て、これからまた変わってくるかもしれないですね。
また、新たなエネルギーを蓄えてお仕事も楽しんで下さい。
本当に良かった。
現状維持でも良しとすべきところがもっと良くなっていたんですもんね。(●^o^●)
お暇ならずっと眺めていて下さい
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ナースれんたろう

Author:ナースれんたろう
みなさんはじめまして。
大学卒業後サラリーマンをしていましたが心機一転、
病院で働きながら看護学校に通って正看護師の資格を取りました。
それから数年後、仕事も順調に行っていた矢先の2008年2月末…
僕の人生にとって、とても大きな出来事が起こったのです。

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンクバナー
検索フォーム
cookpad Lite
料理レシピサイト「クックパッド」のレシピを検索してくれますよ。
developed by 遊ぶブログ
MicroAd
↓気になる情報をクリック!!
最新コメント
あなたの声が欲しいのです
↓皆さんのお声を聞かせてください。
プライバシーはお守りします。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。