*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
背後に忍び寄る影 ~骨転移巣の痛みのお話~
手術が終わって退院して、暑い夏を迎えました。
とは言っても個人的には、去年の夏は比較的過ごしやすかったような。
療養にはもってこいだな、と...
ひとり思いながら、日々を過ごしていました。
何もしないのも暇なので、妻の家事を手伝うことに。手っ取り早く洗濯物の取り込みです。これなら僕でもOK。

でもある日・・・
高い竿につってあったハンガーを取ろうと背伸びしたところ、脊椎に痛みが!
ちょうどウエストの高さのところでした。例えるなら、背筋をギュッ!とつかまれるような。

・・・そう言えば、椅子に座っていても、時間が経つと痛んでたなぁ・・・

次の受診時に早速主治医に報告しました。
「痛いのはどこ?」と聞かれて、主治医に背を向けて指差すと、
「骨シンチを撮りましょう」との事。


検査終了直後・・・検査室のパソコンの画面で画像を ”チラッ” と見ました。いえ、何気なく目に飛び込んできました。

・・・Wao! いたるところドス黒じゃん!!・・・

ほぼすべての骨が黒く反応しているように見えたのです。本当は違ったんですけどね。
でも、結果を聞きに行くまでの1週間はホントにブルーになりました。人生の終わりを考えたほどです。

そして、検査結果が出ました。
もちろん、全身に転移が なんてことはなかったですが、細かいのを入れると結構ありました。
当然痛みが出ている箇所も。

こうして、ビスフォスフォネート製剤による薬物治療が始まったわけです。
そのことについての記事は、こちらにリンクを張っておきます。

しかし、治療が始まるといえども鎮痛薬は必要。
また以前のように麻薬の内服を始めて、”スカッ!!”と痛みが取れるものだと・・・。
でも最初に処方されたのは『ロキソニン』という消炎鎮痛薬でした。

・・・がん性疼痛なのに。。。・・・

ちょっぴり拍子抜けしました。

・・・ロキソニンなんて、一般的によく処方される鎮痛剤だし・・・    なんて、

ちょっと医療の仕事をかじってると、調子に乗ってこんなことを考えるのです。
でも、それは誤りです。

ちょっとわかりにくいサイトかもしれませんが、こちらのサイトを見てみてください。

痛みの緩和については、段階的に薬物を処方するのがセオリーなのです。
しかも『ロキソニン』は、骨の痛みに対してまずまずの効果を示す薬物なのです。
まあ、最終的には『ロキソニン+MSコンチン(麻薬)』という組み合わせで、痛みが落ち着きました。

ここでポイントになるのは、MSコンチンを処方された際に、当時の僕にとっては”いまひとつの効き目”だったロキソニンを中止することなく、併用処方している点です。
普通なら、効き目が薄かったら処方をやめて他の薬剤を・・・と、なりがちですが、
がん性疼痛に対しては、併用処方する場面も多いと聞きます。

その理由は、
『がんの痛みの原因や種類は多岐にわたるから』です。
今回の僕の場合、
骨ががんに圧迫されて起きた痛みと、がんそのものが発している痛みとが混在していたわけですね。

だから何種類も同じような薬を処方されている方がもしいたら、
それはちゃんとした根拠(エビデンス)があってのことなんだ、と思ってみてください。
どうしても疑問だ、と思うなら、
「うちの先生はヤブだ!」とか、「儲けるためにたくさん薬を出してるんだ」などと愚痴をこぼさずに、
素直に主治医に質問してください。
もしも、つまらない被害妄想で主治医との人間関係を自ら壊すとしたら、はっきり言ってそれは不毛なだけですから。

主治医とは是非、言葉を交わすことを恐れないで下さい。多くの医者は無骨でシャイなだけだと思いましょう。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

テーマ : 闘病記
ジャンル : ブログ

Secret
(非公開コメント受付中)

Re:骨シンチ
ガーネットさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

以前のガーネットさんのBLOGにも、確かそのような記事がありましたね。
炎症でも黒くなるんですね。しかも運動で起きた程度の一時的なものでも、しっかり反応するんですね。

ところで、
診断に1週間かかったのは、たぶん主治医の外来日と僕の治療スケジュールの関係です。
放射線科Drの読影は、その日か翌日中に終わっているようです。

こっちは不安なんだから、もっと早く呼んでくれ、って言いたかったですが・・・


僕は以前、比較的お若い(といっても、子供さんは成人してるくらいの年齢)女性のがん患者さんをケアしたことがあって・・・
夜勤のときに、ちょくちょく呼ばれて病室へ行っては、骨転移で痛む部位をマッサージした覚えがあったんです。

結果が出るまでは、そのことを何回も思い出しましたね。その方が亡くなるホンの少し前の出来事だったので・・・

医療職者が患者になると、こういうのがイヤなんですよね。先が見えるっていうか。トホホです。
骨シンチ
写す度にどこか黒いです。
炎症起こしているところも黒くなるみたいですよ。
私は運動してるので、左右対称に黒くなる事が多いです。
毎回こんな感じなので、いざという時に読影できるのかと思ったり。。。
私が検査しているところでは、その日の内に放射線の先生の診断ついてましたけど、れんたろうさんの所は1週間もかかるんですね。
お暇ならずっと眺めていて下さい
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ナースれんたろう

Author:ナースれんたろう
みなさんはじめまして。
大学卒業後サラリーマンをしていましたが心機一転、
病院で働きながら看護学校に通って正看護師の資格を取りました。
それから数年後、仕事も順調に行っていた矢先の2008年2月末…
僕の人生にとって、とても大きな出来事が起こったのです。

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンクバナー
検索フォーム
cookpad Lite
料理レシピサイト「クックパッド」のレシピを検索してくれますよ。
developed by 遊ぶブログ
MicroAd
↓気になる情報をクリック!!
最新コメント
あなたの声が欲しいのです
↓皆さんのお声を聞かせてください。
プライバシーはお守りします。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。