*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
切腹ってハンパなく痛かったでしょうに ② ~手術のお話~
前回の『切腹ってハンパなく痛かったでしょうに ~手術のお話~』では、
術直後までの様子を綴りましたが、
今回は...
術後1日目(手術翌日)からのことを書いてみたいと思います。


・・・
ICUで一夜を過ごしたわけですが、夜中は夜中でひと仕事あったわけでして・・・

点滴が漏れてたようで病衣が濡れたため、深夜かなり痛い思いをして寝衣交換をしたんです。
その経緯があったあとなので、一般病床のベッドに戻ってからも疲れ果ててました。
よって、この日はたいして動こうともせず、ベッドの中でじっとしてたんです。

翌日の朝(つまり術後2日目)・・・
主治医(執刀医)が弟子2人つれてやってきました。弟子というのは副主治医と研修医です。

「痛くて動けないのかね?」と主治医。
・・・ はい、思った以上に痛くてですね。 ・・・と僕。

そこへちょうど入ってきた看護師に向かって、
「この人のバルーン(膀胱留置カテーテル)抜いてあげて」と。
そして僕には
「これでトイレ行けますからね」とだけ。
それだけ言って去っていきました。

・・・Oh My God !!! ソノ テ ガ アッタカ・・・
なんという策士ぶりでしょう?まさに現代の諸葛孔明。
尿カテさえ抜いてしまえば、否が応でも歩かざるを得ない。
しかも、「カテが早く抜けてよかったねハート」とでも言わんばかりの、無表情での去り際の捨てゼリフ!!!

離床しようととしない患者を怒ることもなく、それでいて有無を言わせぬ豪腕ぶり!恐ろしい!!ドSです!!!絶対に。


昨日サボッた僕にとって、いきなり病室内歩行はキツカッタ。
普通は、術後1日目にベッド上で(電動リクライニングを使って)身体を起こし、ベッドサイドでの立位保持などを経て徐々に慣らしていき、
術後2日目から「病室内歩行⇒病室前廊下歩行⇒病棟内歩行」へと行動範囲を拡大していくのです。

しかし、男34歳。たとえ術後とはいえお漏らしするわけにはいきません。
僕はあくまでノーマルプレイがお好きな、健全な男の子なので。
尿器の使用も考えたのですが、こんなところに長居は無用。がんばって早く退院せねば!

そうして徐々に病室の外へと進んでいき、遂には廊下でお年寄りとの壮絶な徒競走を繰り広げていくのです。
そして・・・



2週間の入院を経て無事退院し、術後1ヶ月が過ぎた頃・・・
自宅トイレにこもって難産(お通じ)をしていたときに、
突然僕の腹の中で ”ブチブチッ!!!” とすんごい感触が!! 

・・・あっ、まさか!・・・

次の外来受診時に主治医に報告しました。
「腹の中の糸が切れたんだね」と。
そうです。手術で使う糸にはいくつか種類があって、閉腹に使った糸は自然に溶けるものだったのです。
その溶けかかった糸が、難産の折に腹に力を入れたことによって切れたのですね。
まるで”北斗の拳”ですよ。しかし、しばらくは腹が痛かったですね。     あー、しんどかった。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

テーマ : 闘病記
ジャンル : ブログ

Secret
(非公開コメント受付中)

Re: 硬膜外麻酔
こねこさん、おはようございます。コメントいただきありがとうございます。
ご自身も手術経験があったのですね。とっても痛かったのだろうとお察しします。
ご主人のときは、ちゃんと硬麻してもらったのですね。よかったですね。

一昔前までは、「痛み止めは連用しない」がセオリーだったようです。
”根本的な治療ではなく、所詮はその場しのぎだから”とか、”胃腸障害や、血液凝固作用が抑制されるなどの副作用があるから”とかが原因で。
いまは一応、
「痛みが出ないように、定期薬として鎮痛剤を使う」となってきてます。
(一部いまだに対応の遅れている施設もありますが・・・)

医学的処置や投薬に関するエビデンス(根拠)は、時代が変わるにつれ日々変化してますね。
硬膜外麻酔
れんたろうさんこんにちは!!硬膜外麻酔はすごいですね…私は15年前に子宮ガンの手術をしたのだけど、その夜の痛みはすごかった記憶がありました。我慢が出来ないとやっと座薬を入れてくれるぐらいで痛かったなぁ~なので今回主人の手術の時もさんざん脅かしたんです!!手術の晩は痛いよ!!ってそうしたら何のこともなくすご~い麻酔を24時間しているのではありませんか…これはすごいものですね!!こんな麻酔があるなら手術も怖くないですね!!医学はどんどん進んでいって、がんも治る薬ができたらいいのになぁ~ それまで生き延びてほしいです。
Re: うっわぁー
ryuryuさん、コメントいただきありがとうございます。
術後の離床って、なかなか上手く進みませんよね。
医者も看護師も言うのは簡単だけど、あんたたちやってみな、って思いますよね。
(そういやー、僕もそっちの人間でした。気をつけよう)


>お腹の中で「ブチブチッ!!!」は想像してもこわいです(>_<)
 私はよく傷口からびよんって糸が出てました。(これも溶ける糸です)

似た者同士でしょうけど・・・
傷から糸が出るほうが、よっぽど怖いですよ (-_-;) おそらく。
うっわぁー
ドSですねぇドクター。
「動いてね」「寝てないでね」「歩いてね」くらいでしたよー。
まぁ、たしかに翌朝「さあ、立て!」「さあ、歩け!」と立たされ歩かされましたけど。ちゃんと立って歩けたのは2回目の手術のときだけです。

1回目と2回目は尿カテの記憶があんまりないんですよー。
3回目はなかなか外してもらえなかったんで、「外して、外してー」と思ってました。
トイレに行くんだ!と思ってがんばって歩きました(笑)

お腹の中で「ブチブチッ!!!」は想像してもこわいです(>_<)
私はよく傷口からびよんって糸が出てました。(これも溶ける糸です)
Re: 痛みに弱い
ゾウ蔵さん、コメントありがとうございました。

それはまた、そうとう痛かったんですね。お疲れ様でした。
まあ、もともとこれくらいの痛さ、って解っていたら、心構えもできるけどそうはいかない。
やっぱり手術って大変ですよね。
痛みに弱い
相当我慢していたはずでしたが、痛みの訴え方レベルが人並み以上だったらしいです。(By NS)
術後もその後も、痛み止めの点滴が効かないと泣きながら文句タラタラ。一度など、じゃあ何がいいのか言ってよ、とリクエストとってくれました。
お腹の中がぼっこぼこ動いて痛いと、傷が開くかとコワかったです。が、若い執刀医はボクはうーんと力いっぱい縫ったんだからねっ!と自信満々でした。。。
Re: 主人はうるさい^^
ばんまつりさん、コメントいただき、ありがとうございました。

それにしても、全身麻酔の影響、すごいですね。
一過性のものとして、低酸素脳症や痛みによるストレスが影響して、時にこういう状態になることを聞いたことがあります。

でも、そんな状態のご主人の英語の発音が良かったということは、
英語ってこう、自分を解放すれば上手になれるってことかな?と。
いつか外国行くときは、行きの機内でちょっと息止めて、脳にダメージ与えてみようかな?

それにしても、硬膜外麻酔は画期的なのもです。
ポンプ自体も軽量で、真空の陰圧を利用して薬剤を送るので、電動などのものに比べて移動を妨げない。

僕も使う予定だったはずなのに・・・主治医の陰謀ですよ。すべて。
Re: 男の人は痛みに弱い
ガーネットさん、おはようございます。この間のガーネットさんところのスーパーの偵察の記事(http://aerochan.blog33.fc2.com/blog-entry-468.html)は、少々不得手分野だったので、コメントできませんでした。くやしい・・・。たまにはお買い物行ってみようか・・・?

ところで、やはり女性のほうが痛みには強いのでしょうね。よく聞く話です。同感。
僕は学生の頃、鼻の骨が折れてもそのまま放置したり、足の指の骨折を自分で整復したり・・・
結構むちゃくちゃしたつもりだったのに、いざとなると、この体たらくぶり。
僕は病気だと思い込むと、よけい痛がったり具合が悪くなったりする系なのです。

しかしガーネットさん。いくらなんでも両手一杯の缶ジュースは・・・
悪徳ブローカーが株を買い占めているかのような豪腕ぶりですね。ジュースは逃げませんよ。多分・・・。
Re: タイトルなし
ayaさん、おはようございます。お元気ですか?コメントいただき、ありがとうございます。

いやー、僕もできればお気楽な人がよかった・・・かな?いや、どうだろう?
しかし、僕はこの主治医の手のひらの上で踊らされっぱなしですよ。ホント。

でも、この間体調崩して入院したときは、
「あなたはいいタイミングで症状を訴えてくれるので、とても助かります。いよいよ悪くなるまで放置する人が多いので・・・。」と、褒められたことがありました。

・・・ホレてまうやろー!!!・・・ってな感じでした(*^_^*) 

たまにやさしくするのはズルイ。やっぱりこの人、ドSですよ。
男の人は痛みに弱い
良く聞くでしょ?
多分当たってる気がする。
どっちかと言うと、男の人の方が痛がるような気がしますよ。
女の人は生理痛とか、分娩とか病気以外で痛い思いしてますからね。

お腹の手術って、術後すぐは真っ直ぐに立てないですよね。
私も点滴棒に掴まりながらおばあちゃんのように廊下歩いてました。
癒着しないように、早く歩かせませんか?

丁度仲良しの人が同じように歩いてたんだけど、お互いに人の姿を見て
「いたたた・・・」と言いながら大笑いでした。
笑ったら傷が痛いんだけど、本当におかしな姿でした。爆。

真っ直ぐ歩けるようになって売店に行っていい許可が出た時、両手に缶ジュース一杯買って来たら、階段ですれ違った看護師さんに、「ガーネットさん傷開いたらどうするの!」と注意されました。

私、れんたろうさんの主治医好きかも。
いつか笑わせてやる!と闘争心沸きます。(●^o^●)
こんばんわ★

その先生、上手いっ!!
思わず拍手を送りたくなるようなどSっぷりですね 笑

私の主治医はどSではないですけど(多分)
こっちが大丈夫か?(T∀T;)と思うくらいのお気楽先生です。
お友達に聞いても、そういう先生が多いですね~。
外科医はお気楽な人が多いのかな?
それともそれくらいじゃないとやってられないのかな?

あ、ちなみに、私はどMなので
どSな主治医でも全然オッケーですけどねっ( ̄m ̄*)
主人はうるさい^^
主人の場合は手術が終わり病室に帰ってきて、麻酔の作用でハイテンション!!!
しゃべりっ放し!!私が話しかけるとオウム返しの如く... 思わず主人の頭を叩いたのです。
開腹した主人に「うるさい!!」「恥ずかしいから静かににして!」と。
なぜが主人は英語で返すのです~~。 不思議???
深夜のナースは「返事が英語なのでドキドキしました」と言われ(笑)、
私も、今までに聞いた主人の中では「1番発音の良い英語」でした^^。

12時(夜)過ぎて看護師が担当医に相談し鎮静剤の投与でやっと、寝ました~~。

私は、自宅にいるよりは、主人の傍で、医療器械音の中の方が安心する変なヤツです。
なので手術当日は泊込ました^^ 安心して数時間傍で寝ていたようで、主人が「寝顔が怖かった!」と言われました。 そりゃないよね~~。

「天使の微笑み^^」のナースマンに離床を促され、翌日は尿カテ、ドレーン3本付けて、トイレ&歩行と頑張りました。
「天使の微笑みのナース」の「痛くなったら、押してください~~ね、何度押しても良いですから~」とフェンタニール入りの硬膜外の恩恵に感謝しつつ、看護師の「動いて、動いて防ごう肺塞栓!!」と手術翌日から、号令の如くでした。

でも、アレは機械でちゃんとコントロールされていて、朝、夕と麻酔科医が設定していくので、ブラセボ的でもあるのですが、押すことで、「痛くな~~イ」とおまじないもあり、何とか過ごせました。

私は麻酔の進歩だぁすごいよ~~ペイン・コントロール!!と感じました。

Re: こんばんは
三毛猫さん、こんばんは。コメントいただき、いつもありがとうございます。

そうですね。もう糸はきれいに溶けてなくなったと思いますよ。
切れた直後は糸の結び目が腹筋の表面近くに浮き出てきてまして、皮膚の下にコリコリしたものが・・・!
あー、気持ち悪い。

術後の入院期間は人それぞれです。全摘出術の人や、高齢で栄養状態が悪くて食事も進まない人は遅くなるようです。鎖骨下の中心静脈からカテーテルを通して、高カロリー輸液をする人もいますし。

それにしても、外科医は大抵ドSですね。じゃなきゃ、やれないのかな?手術って。
こんばんは
き、切れた糸はそのままですか?(・_・;)読んでてお腹の辺りがムズムズしました(^^;
お腹を切っても2週間で退院なんですね。同室だった60才代の人(お腹切ってます)は食事があまり取れず1ヶ月ぐらい入院していました。私は看護師さんに『腕がちゃんと上がらなかったら退院させないよ~』と言われ、術後次の日からリハビリに励みました(^^)退院後の検診では腕の上げ具合を前主治医に見せたら…『もっと上がらないとね』と言わんばかりに腕をグイッと押さえられました(ToT)私、泣き笑いでしたよf^_^;前主治医もドSじゃないでしょうか(笑)。
お暇ならずっと眺めていて下さい
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ナースれんたろう

Author:ナースれんたろう
みなさんはじめまして。
大学卒業後サラリーマンをしていましたが心機一転、
病院で働きながら看護学校に通って正看護師の資格を取りました。
それから数年後、仕事も順調に行っていた矢先の2008年2月末…
僕の人生にとって、とても大きな出来事が起こったのです。

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンクバナー
検索フォーム
cookpad Lite
料理レシピサイト「クックパッド」のレシピを検索してくれますよ。
developed by 遊ぶブログ
MicroAd
↓気になる情報をクリック!!
最新コメント
あなたの声が欲しいのです
↓皆さんのお声を聞かせてください。
プライバシーはお守りします。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。