*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先進医療の光と影  ~免疫細胞療法について~
今日は定期の受診日でした。
今日待合室で何気なく見つけた1冊のパンフレット。
それは...
『自分の力でがんと闘う 免疫細胞療法』

近年注目を集めている新しい治療法です。
内容自体は幾らでも調べられるでしょうから、ここでは書きませんが、

”実際どーなの?”
という視点で記事にしてみようと思います。

巷で注目されている一番のトピックスは、
何と言っても「副作用がなく、何度でも実施できる」点です。

すばらしい!!まさに画期的!!!

これについては本当らしいです。でも、あくまで ”基本的には” ですが。

一方、考えられる問題点として、
①感染症
通常この治療は、
・本人の白血球を採取して培養・パワーアップさせ、血液に戻す。
あるいは
・手術などで採取した組織片からがん細胞の特徴を調べて、
 それを”異物”と認識できる免疫細胞を本人から採取し成熟させて 皮下注射で体内に植えつける。

このいずれかの作業を行う必要があるので、厳しい管理下でこれを無菌的に行える設備を持った施設でないと、成功しないどころか感染症などを起こす恐れが出てきます。
もちろん、がんセンターや大学病院なら間違いないと思います。よって、これはたいした問題ではないです。
(※でも、全国どこでもやっているわけではないようです。)

②理論と実際とは、すべてがマッチングするわけではない
”がん細胞”と言っても、元々はその人自身から生まれた細胞です。
(※もちろん異型性を持っているので正常細胞と全く同質ではないですが。)
よって、必ずしも培養した白血球や免疫細胞がちゃんと活躍してくれるとは限らない。

  実際、とあるクリニックの統計(1994年4月~2004年3月)によると、
  6ヶ月以上がんの大きさが変化しなかった症例のパーセンテージは全症例中の24%です。
  画像検査上完全に見えなくなった症例にいたっては1%でした。
  (※目視で見えなくなっただけで、すべてのがん細胞が完全に消えた症例数ではありません)

所詮は自身の細胞ですから、
抗原抗体反応がうまく働くかどうかはやってみなければわからない。
そういう趣旨の記事を、がん関係の雑誌で今日読みました。おそらくその関係の論文が出ているはずです。

③いずれにせよ、これ単体の治療では効果は薄い
あくまで化学療法や放射線治療などを組み合わせて行うことを勧めています。
免疫細胞療法を補助的に使用することで、
抗がん剤や放射線量を減量したり、治療期間を短縮することが出来る利点がある、とパンフレットにも書かれていました。

④費用が高額
通常6回を1コースとして治療が行われ、総額120万~240万円だそうです。健康保険は適応外です。
現在は民間の医療保険で、先進医療に対して給付してくれるタイプもあるそうですが、
がんに罹ってからでも問題なく加入できる保険が、一体どれほどあるでしょうか?


ちなみに、
『免疫細胞療法』と『免疫療法』は、
全く異なるものです。
後者の場合は、単に怪しい健康食品を処方するだけの場合があるそうです。1本1万円の奇跡の水、とか。
また、看板の表記の違いだけでなく、
”免疫細胞療法だけで治る!”
と誇張した話をする施設には注意が必要だと、このパンフでも警告しています。

・・・わらにもすがる思い

気持ちはわかりますが、じっくり検討しましょう。
大抵この手の話は、周りの人(特に親戚筋)がしきりにしてくるものです。(特に民間療法)
「うちの知り合いはこれで治った」と言って。
義理だけに縛られたり、他人の体験談を鵜呑みにすることだけはしないで欲しいです。
(※この記事は、決して先進医療を否定するものではありません。更なる技術開発を願ってやみません。)

↓ポチっと一押し、お願いします。
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

Secret
(非公開コメント受付中)

Re:ryuryuさんへ
コメントありがとうございます。
やっぱり関心持ってましたか?
今注目の治療ですもんね。

でもやっぱり高額なのはイタイ。
寿命をお金で買うようなこの状況って言うのも、やや釈然としないですが・・・

しかしながら、今もってこの治療法もまだまだ未知の領域。
後の世の患者さんのために、治験的な意味合いで実施している面も否定できないと思います。
もちろんそういう意味では、現在の標準治療(ガイドライン)に沿ってがん治療を受けている僕ら自身も、後の世のための症例の一部なのです。

”がん撲滅に向けての礎になるために”

なんて思う必要はないけど、
充実した人生になるるように、”頑張って生きましょう”
免疫細胞療法、最近興味をもっていてやっている方のブログのぞいたりしています。
が、なんといっても値段が....(◎_◎;)

保険適用の抗がん剤でも高い~!って騒いでましたから(今、経口になって安くなったんですけど)この金額はちょっと出せないです。
Re:おはようございます
三毛猫さん、お久しぶりです。
コメントいただきありがとうございます。
僕の記事はクドクド長いので、”もうあきられちゃったのかなぁ?”なんて思ってましたから、うれしいですv-82

ハーセプチンされているんですね。先日地元のがん患者会の勉強会で、この治療についても講義がありました。
場合によっては、重篤な副作用の恐れもあるそうですね。お大事になさってください。そして効果が現れることを期待します。

それとがん保険の話。
要するに完治から10年経てば・・・
うーん、長い!
世の中そんなに甘くないですね。
以前保険の勧誘の人が来まして、
「病気でも入れる保険ありますよ。」と。
・・・無理だと思いますよ。僕は・・・ と、返すと、
「いえ、それが・・・」と、どんどん食いついてくる。
無理問答状態になったので、黙って玄関閉めちゃいました(*^_^*) チャンチャンv-266
おはようございます
どこまで信じていいのやら(やる、やらないは別として)(^^;今、術後補助治療にハーセプチンをしています。これも高額なので始める前は迷いました…治療ってホントにお金がかかりますよね(;_;)ある本に『条件によってですが、がんの治療(経過観察のための定期的な検査は除く)を受けた最後の日から10年を経過していて、契約日での年齢が50~80才までの人であれば入れる保険がある』と載っていましたが…だいぶ先の話しですよね(^^;
Re:東京まで通ってた人
ガーネットさん、おはようございます。コメントありがとうございます。
身近にそういう方がいらしたんですね。
効かなかったのですか・・・残念なことです。

サプリメントの類も探せばものすごくありますね。アガリクス・肝油・冬虫夏草・・・
昨日車で走ってたら、怪しい店舗が開かれていて、ご老人たちが長蛇の列!
「あぁ、この人たち、大事な年金を ”なんとか還元水” みたいなのに使わされるんだ・・・」
世の無常ぶりを感じさせられました。
東京まで通ってた人
免疫細胞療法やってた方がいます。
北海道から東京まで通っていました。
最終手段だったのですが、効果はなかったようです。
高額なんですね。

免疫力って、がん患者には魔法の言葉ですよね。
お金ないので、せいぜいキノコ食べたり、ハーブティー飲んだりするくらいかな。(*^^)v
お暇ならずっと眺めていて下さい
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ナースれんたろう

Author:ナースれんたろう
みなさんはじめまして。
大学卒業後サラリーマンをしていましたが心機一転、
病院で働きながら看護学校に通って正看護師の資格を取りました。
それから数年後、仕事も順調に行っていた矢先の2008年2月末…
僕の人生にとって、とても大きな出来事が起こったのです。

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンクバナー
検索フォーム
cookpad Lite
料理レシピサイト「クックパッド」のレシピを検索してくれますよ。
developed by 遊ぶブログ
MicroAd
↓気になる情報をクリック!!
最新コメント
あなたの声が欲しいのです
↓皆さんのお声を聞かせてください。
プライバシーはお守りします。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。